TOP > スポンサー広告 > バトラーTOP > > バトラー

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.23

バトラー

飯食いに、ニューほしのへ。
今日はチキンカツカレーを頼もうと決めていた。

チキンカツカレー・サラダ・グラスビールを頼み、待つ。

来た!



予想外にチキンカツがでかい。
しかも3枚。
いけるのか?!俺!?

食べてると、マスターが「今日はすごいの頼みますね~」、
クニさんが「がっつりいきますねぇ」と、若干ニヤつきながら声をかけてくる。
2枚目までなんとか食べたあたりで、その言葉の意味が分かり始める。

重い・・・

俺の胃袋が悲鳴を上げる

噴き出る汗。

汗拭きながら食べてたら、見かねて冷房入れてくれた(笑)。
アイスコーヒーだしてくれた(泣)。

残そうかとも思った。
もう投げ出してしまおうかと思った。
すいません、という一言をだそうとしたその瞬間、俺は店を見回した。
こんなにたくさんの店の人が、活き活きとした目で動き回っている。
それに比べて俺の目はなんだ?
火が消えかけているじゃないか。
そこにあったのは、小さくても確かに燃え上がる炎じゃなかったのか?

自分に問いかける。
そして、また、消えかけていた炎が心に立ち上がる。

一口、また一口と、チキンカツとぶつかり合う。
とうとう俺は、チキンカツカレーという、ピークを踏んだ。

人は問いかける。
なぜそこまでして食するのか。
俺は答える。
そこにカツカレーがあるから。
ただそれだけだ。

プロの料理人が命をかけて作った料理を、
すべて受け止めて初めて、その料理を語ることができる。

そう、俺はその瞬間、真のフードバトラーと成り得たのだ。

つづく

COMMENT

あざす!!チキンカレーはパックで持ち帰るものですが、きちんと食べましたね。久々に男の勇士を肌で感じました。(チョイ残しでニヤけながら)

2011.07.24 | URL | くに #- [ 編集 ]

え?
テイクアウト?
(聞いてねえよ)

からの、
からあげトッピング。

2011.07.24 | URL | ike #- [ 編集 ]

イヤイヤ、みんな食いきれなくてパックで持って帰るんですよ笑

2011.07.24 | URL | くに #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。